微熱が続く

微熱が続く原因と病気

微熱が長く続く場合には病気を疑う必要があります。ちょっとした体調不良や風邪で熱がでることはよくありますが、その背後には思っても見なかった病気が潜んでいる可能性があるのです。その中には早期の治療が必要な深刻な病気もあれば、現代社会で増えている心の病とも関わってくる病気もあるのです。

早期の治療が必要な病気が潜んでいる場合もある

微熱と病気

早期の治療が必要な病気としては肺結核白血病悪性腫瘍が挙げられます。これらのごく初期の症状として微熱が見られます。どれも医療機関で専門的な治療が必要になるだけでなく、放置しておくと治療が困難になり、命にかかわることもあるので早めの対策が求められます。

 

知らず知らずのうちに進行してしまう病気もあります。女性に多いのが甲状腺機能亢進症バゼドウ病鉄欠乏症貧血、男性によく見られるのが胃・十二指腸潰瘍です。どちらも日常生活の中で「何度なく熱っぽい」「体がだるい」と感じながらもそのまま放置してしまいがちです。きちんとした治療さえ行えばそれほど恐ろしい病気ではありませんから、やはり早めの治療が求められます。

スポンサードリンク

女性特有の原因もある

微熱と病気

他にも慢性副鼻腔炎熱中症・脱水症状といった病気も微熱の原因になっている可能性があります。慢性副鼻腔炎はそれほど生活に支障をきたすわけではないので放置する可能性が高くなるので注意が必要です。一方熱中症・脱水症状は急性の症状で発症直後の水分補給や冷却といった応急措置が非常に重要になるので万一周囲の人が発症した時のためにも詳細を知っておく必要があります。

 

もうひとつ、女性ならではの微熱の原因も挙げておくべきでしょう。生理前、妊娠、更年期障害など、おもにホルモンバランスの変化によって基礎体温の上昇、微熱が見られます。基礎体温の上昇そのものは正常な体のメカニズムなのですが、ホルモンバランスの乱れなどでその変化が極端に現れると微熱の状態に陥るケースがあります。体調管理に気をつけるとともにもし微熱が生じたら安静にして心身をゆっくりと休めるよう心がけましょう。
参照:咳が止まらない原因と病気 | 症状別!美容・健康に効果的な食品

更新履歴