感冒(風邪)

感冒(風邪)とは

微熱が続く病気の筆頭に挙げられるのが感冒、つまり風邪です。誰もが1度はかかったことがある病気、そしてもっとも身近な病気でもあります。

風邪の原因の殆どはウイルスの感染によるもの

微熱と病気

感冒(風邪)と言えばウイルスの感染によってかかる病気のイメージが強いものです。実際に症例の9割はウイルスの感染によるものです。ただごく一部の例外としてマイコプラズマや溶連菌(ようれんきん)といった細菌の感染、あるいは性感染症のクラミジアなどの感染によって発症するケースも見られます。なお、9割を占める原因となるウイルスですが、風邪をもたらすウイルスは1種類ではなく、現時点でも100種類以上が知られています。

 

そもそも風邪とはどのような病気なのでしょうか?微熱と並んで多い症状が喉の痛みです。風邪は口から肺へと続く空気の通り道(気道)にウイルスが感染し、炎症を起こした症状です。つまり微熱にしろ喉の痛みにしろ炎症が直接のきっかけとなっているのです。この炎症は体内に入り込んだウイルスに対する防御反応として起こります。

スポンサードリンク

風邪と免疫機能は大きな関係がある

微熱と病気

この病気の注意点は体の健康状態、とりわけ免疫力と深く関わっている点です。冬場は風邪を引きやすいといわれますが、寒い時期には体温の低下や体調不良による免疫機能の低下が起こりやすいのがその理由です。ただ、実際には寒さ対策をしっかり行う厳冬期よりも気温の変動が激しい春先や秋口の季節の変わり目の方が引きやすい傾向が見られます。暖かくなったと思って薄着をしたら思いのほか寒かった、あるいはまだ暑いと思って汗をかいたままにしておいて夜からだが冷えてしまった、といったケースで風邪を引きやすいのです。

 

症状としてはいきなり微熱が起こるのではなく、まずは体のだるさや寒気といった諸症状が見られるのが特徴です。その後のどの痛みや鼻水が生じ、発熱へと発展していきます。場合によっては38℃を超える高熱を出すこともありますが、37℃代前半の微熱の状態がしばらく続くケースがもっとも多いのが特徴です。

 

基本的には安静にしていれば治りますが、それ以上に日ごろの体調管理や疲労・ストレスの蓄積、睡眠不足といった風邪をもたらす生活環境の要因をできるだけ避けることが大事です。

関連ページ

肺結核
微熱の原因の1つ、肺結核とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
甲状腺機能亢進症・バセドウ病
微熱が続く原因、甲状腺機能亢進症・バセドウ病とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
自律神経失調症
微熱が続く原因の1つ自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
白血病
微熱が続く原因でもある白血病とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
慢性関節リウマチ
微熱が続く原因でもある慢性関節リウマチとはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
腎盂炎
微熱が続く原因の1つである腎盂炎とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
肝炎
微熱が続く原因の1つ、肝炎とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
膠原病 とは
微熱が続く原因の1つ、膠原病 はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
悪性腫瘍(がん)
微熱が続く原因でもある、悪性腫瘍(がん)はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
熱中症・脱水症
微熱が続く原因の1つ、熱中症・脱水症はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
鉄欠乏性貧血
微熱が続く原因の1つ、鉄欠乏性貧血とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
胃・十二指腸潰瘍
微熱が続く原因の1つ、胃・十二指腸潰瘍はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
慢性副鼻腔炎
微熱が続く原因でもある慢性副鼻腔炎とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。