熱中症・脱水症

熱中症・脱水症とは

長い期間にわたって微熱が続くわけではありませんが、体全体が熱を帯びた状態でふらつきやだるさが伴う病気が熱中症・脱水症です。夏場には必ずと言っていいほど死亡例がでるほどで、年齢や性別、健康状態を問わずに発症するリスクがある病気です。

体温を一定に保つ機能が低下することにより、発症する

微熱と病気

夏場に発症するように、熱い季節の発症例が多い病気です。かつては日射病や熱射病といった病名がよく使用されていましたが、これらは熱中症の中でもとくに症状が重いケースのことです。

 

恒温動物の人間は体温をつねに一定に保つ機能が備わっています。具体的には脳の視床下部がこの機能を担っているのですが、その機能が低下することで発汗が停止して体温がどんどん上昇してしまうのが熱中症です。暑い日には発汗によって体温を下げる機能が働くのですが、周囲があまりに暑かったり、運動や水分不足によってこの機能が低下してしまうのです。

 

症状としては微熱と体中がほてる感覚、さらに倦怠感やだるさ抜けない疲労感などが挙げられます。さらに熱けいれんや頭痛が見られることもあります。水分不足で脱水症の症状が強く出ている場合にとくに疲労感が強くなります。

スポンサードリンク

症状が現れたら、水分とともに塩分の補給が必要

微熱と病気

原因は極端な暑さ、直射日光の照射、発汗量に対する水分不足などが挙げられます。とくに運動をする人はこまめな水分補給がかかせません。さらに糖尿病やアルコール依存症を抱えている人や肥満の人、基礎疾患を抱えている高齢者は発症のリスクが高くなることが報告されているのでとくに注意が必要です。

 

なお、注意点としては熱中症・脱水症があらわれたからといってすぐに大量に水分を補給しないこと。水分のみを補給してしまうと熱けいれんの症状が起こる恐れがあります。熱中症・脱水症対策の水分補給では塩分も合わせて摂取することが重要です。よほど重症にならない限りはとくに治療は必要なく、安静にしておけば1日程度で改善されますから、治療よりも予防・早期の対策が重要になる病気と言えます。もし急に症状が見られた場合には氷嚢などで首の周りやわきの下、足の付け根などを冷やして血液循環をよくし、水分補給を早めに行う応急措置が求められます。自分に発生した場合ではなく、他の人に症状が見られたときの対策も知っておきたいところです。

関連ページ

感冒(風邪)
微熱が続く原因の1つに感冒(風邪)とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
肺結核
微熱の原因の1つ、肺結核とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
甲状腺機能亢進症・バセドウ病
微熱が続く原因、甲状腺機能亢進症・バセドウ病とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
自律神経失調症
微熱が続く原因の1つ自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
白血病
微熱が続く原因でもある白血病とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
慢性関節リウマチ
微熱が続く原因でもある慢性関節リウマチとはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
腎盂炎
微熱が続く原因の1つである腎盂炎とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
肝炎
微熱が続く原因の1つ、肝炎とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
膠原病 とは
微熱が続く原因の1つ、膠原病 はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
悪性腫瘍(がん)
微熱が続く原因でもある、悪性腫瘍(がん)はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
鉄欠乏性貧血
微熱が続く原因の1つ、鉄欠乏性貧血とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
胃・十二指腸潰瘍
微熱が続く原因の1つ、胃・十二指腸潰瘍はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
慢性副鼻腔炎
微熱が続く原因でもある慢性副鼻腔炎とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。