胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍とは

胃・十二指腸潰瘍はかつてサラリーマンの病気としてよく知られていた病気です。とくに胃潰瘍は40歳以上に多く見られ、働き盛りのサラリーマン世代にとって注意すべき病気と言えます。一方十二指腸潰瘍は10代〜20代の若い世代に発症例が多く見られます。

炎症により粘膜が損傷することで発症する

微熱と病気

この病気は簡単に言えば胃や十二指腸の粘膜に炎症が発生した状態のことです。炎症によって粘膜が損傷し、えぐられてしまった状態を潰瘍と呼んでいます。よく「胃に穴が開く」と言われますが、これも炎症によって粘膜が深くえぐられてしまった状態のことです。

 

古くから知られている病気ですが、その原因は長い間十分に解明されていませんでした。しかし近年の研究ではピロリ菌が深く関わっていることが明らかになっています。胃潰瘍では約70パーセント、十二指腸潰瘍ではじつに95パーセントがこの細菌が原因だとされています。なお、それ以外の原因としては関節リウマチなどの治療に用いられる非ストロイド性消炎鎮痛薬(エヌセッド)の副作用が知られています。炎症を緩和するための薬剤がかえって胃と十二指腸に炎症をもたらしてしまう恐れがあるわけです。

スポンサードリンク

微熱以外にも様々な症状が強く現れる

微熱と病気

症状としては微熱はあまり代表的なものではなく、もっとも典型的なのが上腹部の痛みです。それこそ「胃に穴が開いたような」痛みを感じるのが特徴です。この上腹部の痛みは胃潰瘍と十二指腸潰瘍とで症例がやや異なっており、胃潰瘍の場合は食後に強くなるのに対し、十二指腸潰瘍は空腹時に強くなります。ただし、患者の20〜30パーセント程度はこうした上腹部の痛みが見られず、微熱や吐き気、嘔吐、むなやけ、食欲不振といった症状が強く現れます。

 

治療方法はおもな原因となるピロリ菌の除菌が現在のメインとなっています。またエヌセッドの副作用が考えられる場合にはそれを抑えるための薬物療法が行われることもあります。研究と治療技術の進歩によってこの病気の治療環境は大幅に改善されており、早い段階で適切な治療を行えば決して恐ろしい病気ではなくなっています。それだけに症状を早い段階で察知して病院で診察を受けることが大事です。

関連ページ

感冒(風邪)
微熱が続く原因の1つに感冒(風邪)とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
肺結核
微熱の原因の1つ、肺結核とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
甲状腺機能亢進症・バセドウ病
微熱が続く原因、甲状腺機能亢進症・バセドウ病とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
自律神経失調症
微熱が続く原因の1つ自律神経失調症とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
白血病
微熱が続く原因でもある白血病とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
慢性関節リウマチ
微熱が続く原因でもある慢性関節リウマチとはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
腎盂炎
微熱が続く原因の1つである腎盂炎とはどのような病気なのでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
肝炎
微熱が続く原因の1つ、肝炎とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
膠原病 とは
微熱が続く原因の1つ、膠原病 はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
悪性腫瘍(がん)
微熱が続く原因でもある、悪性腫瘍(がん)はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
熱中症・脱水症
微熱が続く原因の1つ、熱中症・脱水症はどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
鉄欠乏性貧血
微熱が続く原因の1つ、鉄欠乏性貧血とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。
慢性副鼻腔炎
微熱が続く原因でもある慢性副鼻腔炎とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の主な原因と病気について紹介しています。