妊娠

妊娠とは

女性に見られる微熱の原因のなかでもとくに重要なのが妊娠です。妊娠が原因で微熱が起こるだけでなく、微熱が妊娠の可能性を察知する重要なシグナルにもなります。

黄体期には妊娠しやすいように、体温が高くなる

微熱と病気

女性の生理周期では排卵後から生理にかけて基礎体温が高くなる高温相に入ります。この時期にはプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になり、体が妊娠しやすいように体温が高くなるのです。この期間に妊娠しなかった場合には生理を境に低温相へと移り変わっていくことになります。そして妊娠した場合にはそのまま高温相が続いていきます。

 

その目安は高温相が16日以上続いているかどうか。正常な生理周期では高温相は11〜15日程度続きます。それを越えて基礎体温が高い状態が続き、生理予定日が過ぎても変化しない場合には妊娠の可能性が高くなるのです。

 

ですから、妊娠を気に基礎体温が高くなるのは体のメカニズム上当然といえるわけですが、この生理周期以外にも体温を高める要因が働くことがあります。そうなると単に基礎体温が高いだけでなく、微熱や倦怠感などが生じることがあるのです。

スポンサードリンク

体温が高い状態を維持するために、血液循環が活発に

微熱と病気

まず血液量の増加。妊娠すると体内の血液量が増加し、体が温かい状態を維持できるよう血液循環が活発になります。さらに妊娠すると「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」と呼ばれる特殊なホルモンが分泌されるようになります。このホルモンはプロゲステロンの分泌を増やす働きがあるため、さらに基礎体温が高い状態へと促します。

 

このように、妊娠中の微熱は体の異常によるものではなく、妊娠にあった体作りのために準備によって生じるものです。ですからあまり心配する必要はないのですが、だかといって無理は禁物です。妊娠が判明した場合には安静を心がけ、体に負担をかけない環境づくりが求められます。妊娠すると薬やサプリメントで対策を行う、というのがなかなか難しくなりますから、日常生活の中で健康な体を維持できる環境を心がけることが求められます。妊娠による微熱を神経質に考えるのではなく、妊娠した状態に相応しい生活環境へ改めるきっかけにしましょう。

関連ページ

月経前熱(生理周期)
微熱が続く原因はの1つ、月経前熱(生理周期)どのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。
更年期障害
微熱が続く原因の1つ、更年期障害とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。
ストレス・慢性疲労
微熱が続く原因の1つ、ストレス・慢性疲労とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。
薬の副作用
微熱が続く原因の1つ、薬の副作用とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。