ストレス・慢性疲労

ストレス・慢性疲労とは

現代社会はストレス社会とも言われています。また忙しい生活、仕事のプレッシャーなどで休息も十分に取れない生活を余儀なくされている人も少なくありません。その結果ストレスや疲労が蓄積し、体調不良が慢性化してしまうケースも増えています。うつ病に代表される心の病はもちろん、体の不調も特定の病気ではなくこれらの蓄積による体の機能の低下が原因の可能性があります。

自律神経が乱れると、体温をうまくコントロールできなくなる

微熱と病気

ストレスと慢性疲労がもたらす微熱の原因でもっとも多いのが自律神経の乱れです。悪化すると自律神経失調症に発展してしまう恐れもあるので注意が必要です。自律神経が乱れると体温をコントロールする機能が十分に働かなくなるため微熱が起こりやすくなります。それだけでなくストレスによる緊張や不安の蓄積が交感神経を常に優位な状態へと導いてしまい、心身をリラックスさせる副交感神経の働きを鈍らせることで十分な休息がとれなくなってしまう状況を作り上げてしまいます。休息不足が疲労をますます蓄積させ、それがさらなるストレスをもたらし、体調不良を悪化させる…そんな悪循環に陥ってしまうこともあるのです。

 

また、休息が十分にとれず疲労を蓄積させた状態が続くと「慢性疲労症候群」という病気に発展する恐れがあります。これは重度の疲労状態が6ヶ月以上にわたって続いた症状で、微熱や頭痛はその典型的な症状として見られます。ここまで疲労が慢性化してしまうと短期間での休息では改善することが難しく、薬物療法をはじめとした医療機関での治療が必要になります。

スポンサードリンク

心身ともにトラブルを起こしたり、健康悪化の負のサイクルに

微熱と病気

このように、ストレス・慢性疲労はさまざまな面で微熱をもたらす原因となります。それだけでなく、心身両面に深刻なトラブルを引き起こしたり、健康状態を悪化させる負のスパイラルを作り上げるきっかけにもなります。それだけに日々の生活の中でしっかりと対処していくことが大事なのです。できるだけ薬に頼らずに改善していくためにも、日ごろのストレス解消、十分な休息といった習慣を身につけたいところです。そのためにはメンタル面のケアも含めた生活習慣の見直しと改善が必要になるでしょう。「なんとなく微熱があって調子が悪い」状態を放置してそのまま慢性化させないようにしたいものです。

関連ページ

月経前熱(生理周期)
微熱が続く原因はの1つ、月経前熱(生理周期)どのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。
妊娠
微熱が続く原因の1つ、妊娠とはどのような状態でしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。
更年期障害
微熱が続く原因の1つ、更年期障害とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。
薬の副作用
微熱が続く原因の1つ、薬の副作用とはどのようなものでしょうか? 微熱が続く場合の病気以外の原因について紹介しています。